気軽なサマーキャンプで留学体験を

突然ですが、サマーキャンプってご存知ですか?お子様をお持ちの保護者の皆さま、今年の夏はお子様を、お手軽な語学留学としてサマーキャンプに入れてみてはいかがでしょうか?

サマーキャンプ、日本ではまだあまり聞きませんね。でも、サマーキャンプは、実は諸外国では珍しくないのです。子供のころ、翻訳ものの児童書などで「キャンプに2週間」とかいう文言が出てきて、「2週間もテントサイトでテントを張ってキャンプするの?普通1泊か、長くて2泊くらいじゃないのかなあ。」などと戸惑った経験があるのは、きっと私だけではないはず。日本人の思うキャンプとは異なり、サマーキャンプというのは、お泊り保育のようなものです。それを、ちょっと海外で行ってみませんか、というわけです。

何か月もホームステイさせるとなると、学校はどうするのか、などといった問題が出てきますが、長期休暇を利用してお子様を英語圏にサマーキャンプに行かせられれば、お子様にとってもかけがえのない体験になりますし、本場の英語に触れる機会と留学経験という贈り物になりますよ。

サマーキャンプを探すなら、 【ジュニア留学ネット】幼児・小学・中学・高校生などのジュニア留学専門サイトをチェックしてみてください。 【ジュニア留学ネット】なら、サマーキャンプについてなんでも相談できるので、留学手配が初めての方でも安心ですよ。

加西市の家庭教師ならデスクスタイルがおすすめです。

兵庫県加西市エリアにお住まいの方で、お子さまの学力向上を目指している方はいらっしゃいますか?

勉強は何よりも家庭学習が大事です。

学校で習ったことをきちんと自宅で復習することができるかというのが成績アップのカギです。

とはいえ、自宅で積極的に机に向かえるお子さまは意外と少ないと思います。

そこで利用したいのが、「家庭教師のデスクスタイル(http://www.deskstyle.info/eria/hyogo/kasai.html)」なんです。

勉強の基礎から指導し、さらに勉強が楽しいと思える環境作り、やる気を引き出すといった勉強に対して積極的になれる教育を行ってくれます。

デスクスタイルを利用している人は、

・5教科合計が200点から400点以上になった

・机に向かう習慣がついた

・ノートの取り方からはじめて150点アップにつながった

という結果を残しています。

このように、お子さまの勉強への意欲を上手に引き出してくれるのです。

指導料も明朗会計となっており、小中学生は60分1500円、高校生は2000円と格安です。

また、ご兄弟や姉妹がいらっしゃる場合、同時指導により二人で60分1750円という割引も実施しています。

現在、デスクスタイルでは無料の体験学習を行っています。

デスクスタイルがどのような指導をしているのか、お子さまの普段の勉強の様子なども合わせてみていただくことができます。

女性に人気のコンタクトレンズ

コンタクトレンズにすると素顔になるので、女性では印象がよくなるだけでなく、見た目もよくなります。そのことから、最近は眼鏡をかけてきた人の多くがコンタクトレンズするという人が増えています。

コンタクトレンズにした場合、眼鏡に合わせることなく、和服や洋服選びができるようになります。これは、眼鏡をかけてきた時とは違ってファッションに自由度が広がることから、コンタクトレンズは今後も人気が上昇するようになっています。

しかし、コンタクトレンズは、コスト面が非常に気になるものです。一般にコンタクトレンズは高いものとされているようなので、眼鏡から変えるということにおいて少し不安をもつ人もいるようです。多くの人はコンタクトレンズにおいて、それほどコストがかかっているといったことはないそうです。たとえば、コンタクトレンズは、いまインターネットでも買えるようになっているので、一般に価格よりも安く買えるコンタクトレンズがあります。

コンタクトレンズの種類によっては、眼鏡と比べてコスト面において大きな差はないものとなっています。
また、コンタクトレンズには、カラーコンタクトや瞳を大きく見せるタイプなどもあります。ファッションをさらに楽しむアイテムとしても、注目されています。

格安スキーツアーは安くない?申込前に確認すべきこと

格安スキーツアーへ申し込む場合ですが、「誰もが知っているスキー場」はオススメできません。なぜなら料金が安かったとしても、混雑が予想されるからです。つまりお子さんと一緒に雪遊びがしたい程度であれば向いているかもしれませんが、スキーやスノボーを純粋に楽しみたいなら、そこまで有名ではない場所を選ぶべきでしょう。

またリフト券にも注目しておきましょう。人気の雪山ではリフト券が1日4,000円前後かかります。旅行代理店の公式サイトを読み、数字のマジックに騙されないように注意しなければいけません。例えば「宿泊施設・1日リフト券込み8,980円」「宿泊施設込み5,980円」とでは、前者の方がお得な場合があります。他にもオプション次第では、掲示されている料金では相場よりも高いケースもあるのです。

旅行代理店の運営するホームページやチラシから、格安スキーツアーの内容を知ることができます。しかし必ずしも掲示されている料金が安いとは限りませんので、申し込み前には必ず比較検討するように心がけましょう。安さを求めて利用しているにも関わらず、対して値段が安くないのであれば申し込む価値もないわけですからね。あと宿泊施設の評判についても下調べしておきましょう。もしかしたら団体客が溢れかえっている、不便なホテルや宿かもしれませんので、念の為、わかる範囲で調べてみるといいですね。